肉離れを予防するには、質のいい柔らかい筋肉を作ることが大切ですよ

最近、肉離れにならないような年齢の小学生でも、太ももが痛すぎて肉離れのような状態がおきてしまっている子を見かけます。筋肉が回復しないままトレーニングなどハードな運動を続けてしまい、筋肉が疲れすぎてしまっているのです。

筋肉にまつわるケガは何があるの?

筋肉のケガにはさまざま種類があります。
こむら返り、肉離れ、筋・腱(けん)断裂など、自家筋力によるもの、強力な外力で叩かれて、筋肉内に出血がおきてしまう筋挫傷などがあります。
その中でも、肉離れで長期離脱する選手はすごく多く、固まってシコリになりやすいのです。特に肉離れは、クセになりやすいと言われており、長期離脱する選手はすごく多いので、意識して日常から予防ができるように努めたいものです。

肉離れはどうして起こるの?

筋力は、たがいちがいに並んだ筋線維の束が、収縮するときに力を発揮します。ちょうどかみ合った指が近づいたり離れたりする状態に似ていますね。アスリートは普段から筋肉に大きな負荷をあたえているので、筋肉に疲労がたまりやすい状態です。
疲労が蓄積された筋肉は、パンパンに引きのばされた状態になっていますので、瞬発的に大きな負担がかかったときや、予想外の動きになどによって、さらに筋肉が引きのばされて、その筋力に筋線維が負けてしまった時に肉離れがおきてしまいます。
ストレッチで筋肉をしっかりと伸ばしてあげることが必要です。

肉離れを起こしやすいアスリートはどんなタイプ?

肉離れを起こしやすい人は、筋肉の柔軟性がなくなっていて、筋肉が堅くなっています。
肉離れと付き合っていくなかで、完治しないままでトレーニングを復活されると痛みをかばう動きとなってしまったり、肉離れへの怖さからセーブしたパフォーマンスになってしまいます。このような肉離れの恐怖感を抱いたままのトレーニングでは、パフォーマンスは上がらないどころか、いくら練習を繰り返しても上達しないという悪循環となるでしょう。

トップアスリートの筋肉は柔らかいって聞くけど…

ボルト選手、イチロー選手、白鵬関などトップアスリートは常に柔らかい筋肉の選手が多いといいわれています。一流のアスリートは、高い疲労回復能力も持ち合わせているので、常に筋肉が柔らかい選手が多いというわけです。

筋肉を柔らかくするとどんなメリットがあるの?

柔らかい筋肉には柔軟性があり、パフォーマンスの可動域が広がります。血流をアップさせるので、基礎代謝も上がることになりなにより、ケガの予防に繋がります。筋肉を柔らかくするには筋肉自体がリラックスしている時間、いわゆる筋肉のOFFを作ってあげましょう。トレーニングが終わった後、筋肉を負荷をかけたあとは、しっかりと時間をかけてケアをしてあげ、そして疲れを感じるときは思い切って休む選択をすることも大きなケガを防止する大事なことです。
また入浴は筋肉にかかっている負担が浮力によって、重力を軽減してくれまするので、しっかりと湯船につかってケアすることも効果的です。

肉離れを食事で予防できるの?

トレーニング後のケアだけではなく、食事面で筋肉をやわらかくしてケガを予防することができますので、ぜひ取り入れてください。

大豆製品

牛乳、チーズなどの乳製品のホエイたんぱく質は筋肉を硬くして、カルシウムは、血管を収縮させて

大豆のレシチンは、筋肉を柔らかくしなやか筋肉を作りあげてくれます。

オメガ3

炎症を抑えるオメガ3は、えごま油、アマニ油、青魚などに豊富に含まれています。体内で合成されないので、食べ物から摂らなければならない必須脂肪酸です。意識して積極的に摂取しましょう。

クエン酸

これ以外にもクエン酸は筋肉が疲労したときに発生する乳酸を抑制する効果が期待できます。クエン酸はオレンジや、グレープフルーツなど柑橘系の果物に豊富に含まれています。

マグネシウム

エネルギーを蓄えた物質であるATPを使うためにマグネシウムが必要になってきます。マグネシウムは、筋肉の緊張をを解きほぐし、リラックスさせる効果がありますので、筋肉の弛緩作用によってけいれん、筋肉疲労の予防に働きかけます。
このマグネシウムが不足してしまうと乳酸を蓄積しやすくなるので、筋肉が硬くなり筋肉痛や、筋肉痙縮などのリスク生じます。

超高濃度マグネシウム

この超高濃度マグネシウムをトレーニング後に、太ももやふくらはぎなどに疲労した筋肉にプシューっとスプレーするだけで、筋肉の筋肉の炎症をおさえてくれます。なんと、この商品は食料品としてマグネシウムを摂取できるくらい安全なものなので、安心できます。
マグネシウム不足の状態は足がつるなどの原因にもつながりますので、身体の中からケアをして肉離れを起こしやすい太ももやふくらはぎなどピンポイントでマグネシウムスプレーを練習あとに吹き付けます。経皮吸収するので、身体の外からもケアして肉離れなど筋肉トラブルを防止します。
ソウルオリンピックではドイツは選手にマグネシウムを携帯させて挑んだほどですよ。リラックスさせ不整脈の予防にも非常に効果的です。

お得な3本セットの使い方

スポーツバックとキッチンにそれぞれ1本常備しておけば、日常的にマグネシウム摂取対策になります。

 

超高濃度マグネシウムの保存

保存方法ですが、常温、冷蔵いずれも可能ですのでとても便利です。製品に掲載されている賞味期限をご参考にご利用下さい。

マグネシウムローション

超高濃度マグネシウムは経皮吸収するので、疲労した筋肉の皮膚へ塗り込むお使い頂けますが、少しピリピリしたり、肌荒れなどするようでしたら、薄めて使用していただくか、超高濃度マグネシウムに比べて、液体が伸びて肌に馴染みやすいですマグネシウムローションもございますので体質にあわせてご利用ください。

In summary…

トレーニングと休養でうまくコントロールができない人は回復が遅いので、筋肉が硬く常にカチカチな状態です。柔らかい筋肉=質のいい筋肉というよりも、筋肉がオフのときは、筋肉がリラックスした時間帯を作れ、回復にもっていけることがいわゆる”質のいい筋肉”というわけです。休養によって筋肉の質まで変わってくること、よって筋肉の回復力が予防の決めてと言えるでしょう。

コメント