あなたは知ってますか?1人1人体質が違うように、必要な栄養、食事の摂り方も違うこと

DNA遺伝子解析で、あなたに最適な栄養がわかります!

未来のアスリートのサポートを頑張っているあなたは、こんなことでお悩みではありませんか?

  • みんなと同じように食事をしても、なかなかお子様の身体が大きくならない、、、
  • 毎日トレーニングをしてるのに筋肉がつきにくい、、、
  • 牛乳も嫌いじゃないしカルシウムがとれてるはずなのに、とても骨折しやすい、、、
  • 体力やスタミナがなくて、パフォーマンス向上につながらない、、、

スポーツを頑張っている子供をサポートしていると、応援してるママの悩みはつきませんよね。

もともとの体質や代謝できる糖質の量、骨密度、筋力、運動能力などが異なりますので当然例え同じメニュー、同じ量の食事をとっても、皆同じ身体つきにはなりませんよね。。

DNA遺伝子解析結果をもとに、スポーツ栄養アドバイサーによる3ヶ月間サポートでフォローさせていただきます。あなた自身や、あなたのお子様の体質にあった栄養や食事の摂り方を知り、さらに、スポーツ栄養アドバイサーによる食事アドバイスを取り入れて、あなたのお子さんの可能性をさぐってみませんか?

こんなお悩みありませんか?

子どもの身体がなかなか大きくならない?

 

骨折しやすい、治りにくい

成長期にグングン背が伸びる一方、骨折しやすい、治りにくいということはありませんか?

筋肉がつきにくい

もっと筋肉をふやして身体を作りたいけど、なかなか筋肉質にならない

DNA遺伝子解析する3つのメリット!

メリット1

生涯変わることのない体質に合った食事がわかる。 DNAは、生まれてから死ぬまで一生変わるものではありません。 あなたがDNAを知ることで、生涯変わることのない、あなたのパフォーマンスを上げる、最適な食材がわかります。

メリット2

身体能力が瞬発系にむいているか、持久力系かがわかります。昔からオリンピック選手クラスはこの遺伝子をほとんど調べてあると言われ、最近はプロチーム、強豪校にも導入され始めたといわれています。

メリット3

生涯変わることのない体質の問題点をあらかじめ知っておくことで、将来・未来に起こりうる可能性の高いリスクを回避することができます。例えば、疲れやすい体質、抗酸化能力が低い体質は、疲れを残さないような栄養を常に意識することでリスクのない人より持久力がつく可能性がでてきます。

大人もDNA遺伝子解析でこんなことがわかります。

抗酸化能力がわかる

ガンのもととなる活性酸素を除去する能力、抗酸化により酸化した身体から活性酸素を取り除くてくれます。健康寿命を延ばす意味でも意識しておきたい遺伝子であります。

ファスティングがむいていない?

そもそもファスティングは、身体に有害物質を取り込まないためのものです。ファスティングにむかない人は逆に代謝が落とし、免疫力を低下させてしまいます。よって、朝のスムージは身体を冷やすのでおすすめできません。

ファスティングにむいている体質?

もともと食べ過ぎてしまう体質なので、毒素をだすファスティングはおすすめです。血糖値の上昇を穏やかにするために、低GI食品から食べる事といいでしょう。

糖質オフしても痩せない

流行りの糖質オフはだれにでも適していません。体質によっては糖質入れないと、筋肉まで分解してしまいので逆に痩せにくくなります。痩せるためには腹筋じゃなくて背中、太ももの筋トレが効果が高いです。動物性のたんぱく質より、植物性の豆腐や枝豆などを先に食べるといいですよ

3ヶ月のサポートで伝えられることがあります

今、世の中には、たくさんのDNA遺伝子解析手法が存在します。ですが、その殆どは、遺伝子解析をしたら、そこでおしまいです。 実際の生活に活かすレベルに落とし込んでくれる会社は、殆どありません。 そんな、状況に憤りを感じ、なんとかして、みなさんに、DNAだけでなく、DNAを踏まえた上での食事栄養の知識を身に着けてもらい、自分でDNA解析の結果を活用してもらえるようにするために、3ヶ月サポートをおつけしました。

スポーツ栄養アドバイザーの私が、3ヶ月間サポートさせていただきます。

<スポーツ×食>を考えるフォーラム2017に参加

2017年10月15日日曜日、サッカー日本代表専属シェフの西芳照氏、高崎健康福祉大学木村典代先生、日本サッカー協会北野孝一氏と一緒に参加させていただきました。

<スポーツ×食>を考えるフォーラム2017

ACミランサッカーアカデミーでスポーツ栄養セミナー!

ACミランサッカースクール石川にて、ミランスクール、ジュニアユース保護者向けスポーツ栄養セミナーを開催させていただきました。

3ヶ月間のサポート中は、こんな質問・お悩みにもお答えいたします!

「練習の後は、何を食べさせたらいいの?」「食べる量が増えない、どうすればいい?」「足がつりやすいので食事の面で予防できないか?」

お客様からいただいた嬉しいお声の一部をご紹介!

DNA遺伝子とは

私たちの身体には30億ものDNAがあると言われています。このDNAのなかある22,000個もある遺伝子は、いわゆるわたしたちの身体の設計図です。この設計図をもとに作られた細胞で身体が出来上がっているのです。

遺伝子は情報

DNAが身体の設計図となれば、遺伝子はその設計図である図面に書かれている情報になります。DNAの中に遺伝子は22,000個もあると言われているんですよ。

生まれ変わる細胞

私たちの身体は60兆の細胞から出来上がっています。その細胞の中心に核があり、核に染色体がまきついています。DNAはアデニン、グアニン、シトシン、チミンの4種類から出来上がっていて、30億対あると言われています。DNAが私たちの身体を作る設計図となります。DNAの先端はテロメアといい、細胞分裂を繰り返すと短くなっていきこれで寿命が決まるとまで言われています。過度なストレスや、焦げたもの、酸化したものを食べるとDNAはどんどん錆びつきドロドロになっていきます。

 

 

ガンは細胞のミスコピー

私たちの身体を作る細胞は3ヵ月に1回、DNAの情報をコピーして生まれ変わっています。この時、細胞の中の血液がドロドロだったら、そのままDNAコピーをされます。ガンは細胞のミスコピーとも言われていて、このコピーを繰り返すとガンの原因と言われています。何があっているか何があっていないのかわかります。生まれ持った体質がそれぞれ違うということは 、それぞれ体質にあっている栄養素も違うということです。自分に合っている食事の仕方、食べ方を知っているのといないのとでは、結果がいつまでもでないのです。

プロはDNA遺伝子を戦術に活用している

オリンピック選手や、プロのアスリートたちは、DNA遺伝子を解析することで、食事法、トレーニング方法、試合での作戦にまで活用されているそうです。

例えば、個人競技のアスリートが、糖質代謝にリスクがあり、なかなか身体が大きくなれない体質でした。しかし、持久力が高い遺伝子要素を持ち合わせていたので小柄でも格上の相手には長期戦に持ちこむことで優位な戦いにはこぶことができたそうです。

最近では、プロのアスリートだけではなく成長期のジュニアアスリートへの導入が注目されており、個人個人や、チーム単位などで著しく広まってきています。

サポートの悔いは残したくない

生まれながらに持つ体質は一生変えることができません。しかし、1つの遺伝子がダメでも、他の遺伝子でカバーできる新たな可能性を見いだせます。30年後に知ることも、今知ることも同じなら、何が自分にあっていて、何があっていないか、自分の体質の問題点を知ることであらかじめその対策をとっておくで新たな可能性に見つけることができるかもしれません。遠回りをしない最短ルートで歩めるツール、それがDNA遺伝子解析です。

生涯変わることのないお子様の身体の設計図を知ることは、あなたさえ知ることのなかった潜在能力や未知なる可能性に出会えるかもしれません。今も、30年後もかわらない情報は、成長期である今知ることの価値の大きさは計り知れないでしょう。

DNA遺伝子解析で未来の可能性を知る

DNA解析によって手にできるお子様の遺伝子情報は、あなたの納得のいく結果もあるかもしれません。しかし、アスリート本人やあなたにでも知りえないことがあるかもしれません。それが、未来への可能性につながるツールになるかもしれません。食事改革というのは、勝敗、競技記録など確実な形で現れるものではありません。ただし、サポート側もされる側も無駄な努力をせずにすみ、あなたにはサポートの達成感が得られることでしょう

例えばこんな可能性を探れるかも

持久力系

持久系の筋肉のタイプだったトップアスリートの選手は、スピード、瞬発能力において格上選手との対戦でフルセットに持ちこむという作戦をたて、見事勝利をおせめたという遺伝子解析を味方につけた快挙です。

忍耐力、我慢強さがマイナス

苦しみや辛さなどに耐えることができる忍耐力があり、最後までやり遂げる力に優れた選手でも、ケガをしたときに無理をおしてやり続けてしまうことになり、周囲が過度な負担をセーブさせるサポートが必要です。

14のDNA遺伝子解析

最近は200種類以上の遺伝子を取り扱うメーカーもありますが、ここまでになると医療機関での取り扱い範囲も含まれてきます。この14種類の遺伝子を解析することで、食生活によって体質が招くリスクを回避することができて、自分自身のちからで何とかできるということです。

1.スピード系か、持久力系か

スピードとパワー系の体質は筋肉がつきやすいので、瞬発能力高いことがわかります。タフな持久系は、サッカーでいえば90分間走り続けられる体質になります。または、努力次第でどちらにも近づける体質なのかどうかもわかります。
あらかじめ自身のタイプを把握することによって、遺伝子能力にあわせたトレーニングの強度をコントロールすることでより効率的に筋肉アップのに近づける1つのツールになるでしょう。

2.脂質を分解しやすいか

中性脂肪がたまりやすい体質かどうかわかります。中性脂肪がたまりやすい体質の人は分解する働きのある成長ホルモンをいかに出させるかが重要になってきます。

3.筋肉量が低下しやすいか

逆肥満型遺伝子で、やせにくい体質かどうかわかります。筋肉量が低下しやすい遺伝子なので、運動後のリカバリーを特に意識していきましょう。

4.熱を作り出せるか

日本人は24%にあたる人が熱生産できないと言われています。熱を作り出す能力が低ければ、一般の方より-100㎉の基礎代謝と言われています。筋肉を落とさないための栄養素を意識する必要があります。

5.抗酸化できる体質か

スポーツは大量の活性酸素を体内に発生させます。この活性酸素を除去できる抗酸化能力が高いとパフォーマンスにつながり、アスリートの命も守ります。

6.骨が壊れやすくはないか

太ももの骨の足のつけ根と骨盤とつながる部分の骨の密度が高いか低いか分かります。成長期の子どもたちは特に股関節のストレッチを入念に行いましょう。

7.疲労が溜まりやすくないか

乳がん検査にも使われています遺伝子で疲労度の蓄積具合がわかります。

8.動脈硬化になりやすいか

血液がどろどろになりやすい体質かどうか分かります。

9.骨や筋肉量が多くなる体質か

脂脂肪体重とは、体重から体脂肪の重量をひいた、内臓や筋肉、骨などの重量をさします。この遺伝子に変異があれば、ミネラル不足を補う必要があります。

10.脂肪率が高くなりやすいか

BMIとは肥満度の判断指標となる体格指数になり、この遺伝子に変異があれば、空腹を感じやすい体質です。

11.骨が作られやすいか

骨は20歳までに作られ、2~3年かけて入れ替わると言われています。骨が作られにくいと骨密度が低く、カルシウムも多く摂取できません。カルシウムを奪われない食改善が必要です。

12.  痛みに強い体質か

この遺伝子が活性化するとドーパミンの代謝が促進せれ痛みを感じにくくなると言います。

13.糖分の消費量が多いか少ないか

太りやすい体質である遺伝子を持っているならば、脂肪酸回路をしっかり機能させなければなりません、流行りの糖質オフは危険ですよ。

14.忍耐力、我慢強さ

苦しみや辛さなどに耐えることができる忍耐力の度合いや、最後までやり遂げる力の遺伝的な関与が分かります。

 

でも、DNA鑑定って、難しそう。。。

文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説

DNA解析は、綿棒で唾液を取るだけ!簡単です!痛くもありません。

文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説

安心の○○によるDNA解析を採用

文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説

専用アプリで、トレーニング方法がわかる

文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説

鑑定結果は、冊子と、アプリどちらでも確認できます。

文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説

DNA解析&3ヶ月サポートの流れ

 

文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説

3ヶ月サポートがついているからこそできる、質問・相談

メリット1:小回りの聞く臨機応変な対応 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説

メリット2:○○ 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説

メリット3:○○ 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説

サポートは、メールにて行っています。

 

文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説

お申込みはこちらから

文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説

私と家族の鑑定結果をお見せします。

 

文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説

DNA鑑定と私のサポートを通して、新しい可能性と出会う人を増やしたい。

文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説

お申込みはこちらから

文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説 文章or図で解説