アスリートは腸を制してパフォーマンスをアップさせる!

昨今テレビや新聞、インターネットなど様々な場面で「腸内環境」や「腸内フローラ」といった言葉を目にすることが多くなり、空前の腸内ブームといってもいいでしょう。腸の持つ様々な機能を活性化させることができれば、心身共の健康を左右するといっても過言ではありません。

腸は“第二の脳”

腸は“第二の脳”と呼ばれるほどとても重要な臓器です。消化・吸収、排泄、また免疫機能など多岐にわたる機能に作用しており、腸内環境が整っていないと、様々な疾患を引き起こすことが多くの研究で明らかにもなってきています。

腸の中には腸内細菌が数多く存在し、かれらの存在が腸の機能に大きく作用しています。つまり「腸を元気にする」「腸内環境を整える」とは、腸内細菌を上手に育て増やしていくことです。
毎日の生活の中で「腸活」を効果的に実践できれば、心身ともにもっともっと健康で美しくなれるはずなのです。

アスリートの腸内細菌は、多様性が高い

アスリートのコンディショニングには腸が一番大切と言われています。アスリートは、一般の人とは違ってハードなトレーニングを酷使していたり、食事の内容やタイミングを考えながら摂っていますので、腸内細菌は、いろいろな菌の種類がたくさんいるいるという多様性の高さが特徴です。

パフォーマンスには、腸内の状態が深く関係していると言われています。腸の果てなき可能性にスポーツ界も大きな期待されています。

元日本代表不動のボランチ鈴木啓太氏も腸内細菌に注目

浦和レッズ一筋16年、日本代表で不動のボランチ鈴木啓太が、2015年引退と同時にAuB株式会社設立し、アスリートの便から腸内細菌を研究する事業に取り組んでいます。

知られざる腸内ワールド

人の腸の中にはビフィズス菌や乳酸菌のようなの腸内細菌が1000種類以上も生息しています。、重さにして1~2kgぐらい、1000兆個が存在していることがわかっています。
これらの細菌は種類ごとにグループを形成している群生するお花畑のように見えることから、腸内フローラと呼ばれています。

アスリート菌

同じ物を食べて同じ治療をしているのに、ケガの治りの早い選手がいる、吸収して身体のなかに栄養を取り込んでいくのは腸内細菌が関係していると考えられる。

酪酸菌(らくさん菌)

免疫機能を整えたり、腸の動きを活発にしたりする作用がある菌です。なんと、アスリートの酪酸菌の保有量は、一般人の約2倍と言われています。

サッカー、ラグビー、陸上などさまざまなオリンピック選手を含めたアスリートの腸内細菌を収集するとアスリートはがどんな種類の菌を持っていて、腸内の菌の構成がどうなっているのかを研究がすすんでいます。

腸と脳はつながっている

ストレスが減ることで腸内細菌のある菌が減少することで、脳と腸は深い関係にあることがわかっています。腸内フローラが乱れると、腸から脳への信号伝達に異常が生じているようです。
腸のせいで脳に影響して眠れない、落ち着かない、頭痛、食欲がない、意欲がないなどの精神神経症へ悪循環になる脳腸相関が問題になっています。

腸内フローラ解析(腸内環境を検査するサービス)

腸内フローラ解析キットでは、何種類の細菌が腸内に存在しているか、またはその個数がいくつなのかを解析します。

例えば

例えばあなたの腸内に80菌種がいたとします。
その80菌を各それぞれ何個生息しているか調べていきます。菌その1は、5000億個、菌その2は、2500億個、菌その80は3兆個と、菌その1から菌その80の合計があなたの腸に生息していることになります。

自宅で手軽に腸内細菌を調べれられる検査キットです。便を返信用封筒で郵送後、1~2カ月で結果が届きます。

39種類の菌でわかる24の体質

解析キットでは、39種類の菌を解析することで、なんと24ものことがわかります。

どのヨーグルトがあうか? デブ菌がいるか? 痩せ菌がいるか?
食物繊維を吸収してしまう菌がいるかどうか? 糖尿の予備菌がいるかどうか? 免疫力を低下させる菌がいないか?
リウマチ菌がいるか? 肝臓がん菌がいるか? 更年期障害予防菌がいるか?
悪玉菌の比率は? ピロリ菌がいるか? 食中毒菌がいるか?
自閉症菌がいるか? 肉と炭水化物がどちらがあっているか? 食事バランスがわるくないか?
大腸菌がいるか? 高血糖菌がいるか? アレルギーを抑える菌がいるか?
炎症を抑える菌はいるか 酢酸菌がいるか? 悪臭菌がいるか?
乳酸菌がいるか? ビフィズス菌がいるか? 抗生物質を飲むと大腸炎いなる菌がいるか?

 

こんな方におすすめしています。

便秘などお腹の調子に不安のある方、不規則な食生活で体調管理が心配な方、お肌のトラブルでお悩みの方、より健やかなライフスタイルを自ら選択する、腸内フローラがどうなっているか気になる方毎年人間ドックをしていないので、健康管理の一環としておすすめします。

腸内環境は食事で変えられる

まずは自分の腸内の状態を知り、自分の身体の物差しを知るにはおすすめの腸内フローラ解析です。自分の体質、腸内環境を知って、菌は生態系です、1つの菌だけで決定的になるものではなく、食事改善でいい菌をふやし育てていく腸活をサポートします。

ママは、ジュニアアスリートの№1トレーナー!

成長期の現役時代、体質を知れていたら、、、
調子が悪いときに腸内の状態を把握できていたら、、、、
もっとパフォーマンスがかわっていたかもしれない、、、
もっとコンディショニングが良かったかもしれないと、、、、

 

もっと~~だったかもしれないの後悔を残さないために、腸内フローラ解析で個人個人の体質を知り、できることを見つけましょう。
コンディションはパフォーマンスあってこそ、ジュニアアスリートが最大限アクセルを踏んで頑張れるプラットフォーム(基盤)を作りましょう。ママはジュニアアスリートのナンバー1パーソナルトレーナーですよ。

腸内フローラ解析のお申込み

腸内フローラ解析をご希望のかたは、下記フォームにてお申込みをお願いいたします。

https://docs.google.com/forms/d/1t-RBTT6bD2uT2UzBGPYK3Qdj_3sY7LdF2TdyhJuyM-E

腸内環境を整えてコンディショニングをアップ

病気を予防し、健康維持のために身体の腸内細菌、腸内環境についてあらためて考えてみませんか?お薬ではなく、毎日の生活習慣の改善で腸内の環境を劇的に変える可能性があります。
自分の体質を知ることで、腸内環境が劣化していくリスクを防ぐことができます。日々の生活で改善していければ腸内環境を整い、腸の持つ様々な機能を活性化させることができまのでコンディショニングはアップします。パフォーマンスはコンデショニングのうえにあるので、常にコンディションを良い状態で保っていられるように、アスリートは腸を制してパフォーマンスをアップさせましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA